2度目のNY駐在。お菓子作りとHBでのパン作り、FKを中心としたアンティークを探す様子をお伝えします。


by dolce06830
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

明日のために

明日はいよいよ

Halloween!!

今日は一日お菓子を焼いておりました。

ひとつはもうすぐあるベークセールの寄付のために
ケーキを焼きたいというお友達のお手伝いと
あとは明日のワンの一周忌に
昨年ワンがなくなったときにお世話になった方へ
お礼をしたいと思ったのです。

お友達はパウンドケーキ…。
私はクッキー。

まずはパウンドケーキ。
材料を計ります。バターと砂糖を計ったら
工程を読んだお友達が、
「もう混ぜてもいい?」って聞きます。

「だめ、だめ…。」
お菓子はまず、材料をちゃんとそろえてからやり始めましょう!
特に一人でつくるならなおさら。

工程の途中で手を止めてもいいお菓子ならいいですが、
手を止めないほうがいい場合の方が多いので。

早く作りたいのはわかるんだけどね~。

そして、今回のレシピ…初めて使ったのですが、
初めてのときは本に忠実に。
味を見て、
そのあと、自分なりにアレンジすればいいと思います。

無事にパウンドケーキができました。

そして、クッキーたくさん焼きましたよ~。
でも、いつものように途中経過の写真が…ないっ!

朝、10時ぐらいから始めて、ずっと4時過ぎまでやってました。

e0124011_12184367.jpg


紅茶のサブレ
ピーカンボール
キッフェルンサブレ(馬蹄形)
シュプリッツ(シナモンの味/絞り出しのクッキーでジャムがはさんであります)

チャイニーズテイクアウトの入れ物の形をしたかわいい入れ物。
この形の入れ物がポピュラーになりましたね。
これに一杯クッキーをつめて、
袋にお礼のお手紙と一緒にいれて
お部屋をデコレートするための紙テープでリボンを作って
つけてみました。

パウンドケーキ…すごい久しぶりに焼きました。
うーーーん、記憶がないぐらい。
クッキーも久しぶり。

どちらも楽しかった。

このパウンドケーキ、なんと作って2週間目がおすすめらしい。
わお~。カビはえない???

ケーキのご報告は2週間後?
でも、待ちきれなくて、その前に食べちゃうかも。
でも、3日目からがおすすめらしい。
せめてそのぐらいは待てるかな。

クッキーは言わなくてもお分かりかと思いますが、
できたそばからパクパクいただいておりました。

さくさくでおいしい~^^ 
やっぱり手作りはいいですね。
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-31 12:40 | ケーキ

持参できてね!

ナンタケット島旅行記はちょっとお休みして、

今日、お友達がお誕生日会を開いてくれました。

本当のお誕生日は平日で外食に行くわけでもなく、
だれもケーキも用意してくれないし、
なんとなく過ぎちゃった…って感じでしたが、
うれしいことに
お友達が計画してくれたのです。

でもね、こう言われたの…
「ケーキが食べたかったら、自分で持ってきてね!」
(笑)

理由は簡単。
お友達にはいつも私がたのまれてケーキを作っているので
さすがに私に食べてもらえるようなケーキは作れないと…。
そういっていただけるのはうれしいけど、
本当は皆さんが作ってくれるケーキもうれしいわ~。

てなわけで、持参で参りました。

e0124011_12461691.jpg



e0124011_12445066.jpg




ミルフィーユ・オ・フレーズ

大きく焼くとかっこいいけど、切り分けが大変。
サンドしてあるクリームは生クリームとカスタードとコアントローなのですが、
コアントローがなかったので、トリプル・セックをつかいましが
とてもおいしかったです。
かなりお酒がきいているので、大人の味ですけど
子供でも大丈夫だと思います。

既製品のパイ生地を利用していますので、
これはケーキ作りが苦手な人でも
すぐに対応できると思います。
カスタードも作り置きして冷凍しておけばいいし。
なにも難しいことがなくて、
豪華でおいしい!

家族のお誕生日!とか
なにか持っていかなきゃ!って思うときは
挑戦して作ってみてください!!

切るのが大変だから最初から小さくつくっても
いいかも。

おいしかった~。

プレゼントもいただいちゃって、カンゲキです。
感謝カンゲキ雨嵐…。

子供の影響…(^^)

プレゼントの公開は…、
それはまた次回ね。
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-28 13:05 | ケーキ
いったん宿に戻り、ベッドに横になっちゃうと
お昼寝しちゃうので、
私は昨日5分しか話ができなかった
バスケットミュージアムへ一人で
また行きました。
3時過ぎだったのですが、
なぜかガラン…とした雰囲気。

小さい小さいミュージアムなので、
ゆっくり見ても1時間でいいと思ったので
閉館一時間前にきたのですが、
そう、今日は今年最後の営業日で
ショーケースからどんどんバスケットを片付けています。
すこし戸惑いましたが、
「見ていってください…」と言われたので、
ぐるっと一通りして、
お土産を買って出ました。

すると、宿で一休みしたパパから
電話が入り、途中で拾ってもらい
夕日を見に行くことにしました。

地図の向かって右にあるAの文字は宿のあたり。

e0124011_2161421.jpg


まずはAのポイント
Madaket Beach(マダケットビーチ)
だいぶ潮も満ちてきているのですが、
ここはぺブルビーチなのでしょう。
きれいな小石がたくさんあります。
クロちゃんは他のワンちゃんたちとあそび
お嬢さんは小石を拾っています。

e0124011_9304558.jpg
e0124011_931986.jpg


e0124011_2194157.jpg

気持ちがいいね~♪
e0124011_2201975.jpg

だいぶ太陽が地平線に近づいてきました。

もうちょっと西に移動しようと
今度はBのポイント
Eel Point(イールポイント)へ。

こちらは貝殻やカブトガニの死骸が多く見られました。
(カブトガニは甲殻類ではないらしい)
e0124011_2232677.jpg

夕日がきれい。
e0124011_2242325.jpg

先に来ていた人は釣りを楽しんでいるようで、
車の前に釣竿が何本も…
(写真でわかるかな?)

本当は日没までいたい気分だったのですが、
実はここのポイントちゃんとした舗装道路がありません。
砂のなかを走ってくるんですよ。途中ちょっと不安になるような
ところもあったりして、
四駆のもっとすごい車なら心配ないのでしょうけれど、
一応四駆…というぐらいの車だと
もしも万が一はまってしまったら怖いので
お日様がまだあるうちにその場を離れました。

このあたりは大きな別荘のお宅が立ち並んでいて
「すごいな~」ってキョロキョロしてばかりでした。

夜は街からすこしはなれたところへシーフードを食べに行きました。

いつもよりもたくさん歩くので
すごく疲れました。

明日は…、何をするんだろ?
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-24 02:38 | 観光
朝食は8時からなので、
7時に起きて、ワンと1時間ほどお散歩することに。

まだ人がいないメイン通りや港をゆっくり見て回りましょう。
港では朝日がきれいに見えました。

e0124011_1150354.jpg


海から向きを変えて
街の方をみると

e0124011_11505565.jpg


なんだかこの光景…
「どこかでみたことがあるような?」と思うと
そうそう、
Charles Wysockiという人の描く風景そのもの。
アメリカに駐在したことがある人なら
1度は見たことがあるのでは?
こんな感じ。
今日もいいお天気です!

ゆっくりとお散歩を楽しみ宿へ帰り
朝食をとって…さて、今日の予定は…。
今日は船に乗ってアシカ?アザラシ?を見に行く予定でしたが、
最低人数が集まらなくて、キャンセルとなりました。

じゃあ、どうしましょう?
結局、犬を置いて宿を離れることができないので
レンタカーを借りることに。

えっ?そう、自分の車を持ってくればよかったと思うでしょ?
でも、短期ならば、フェリーに車を乗せるより
レンタカーの方が安いということがわかりました。

これで、怖いものなしっ!(笑)
地元新聞をみると、今日はクランベリーフェスティバルがあるようです。
子供がすごく興味を示しましたので、
Let’s go!!

途中、不思議な景色に遭遇。
e0124011_1231187.jpg

ベージュの物体…、目を凝らしてみると
ライオンです!! これ以外にもサイも見ましたよ!
ここってどこ?
(笑)
これはアートなんですけど、
景色がサバンナっぽいな~と思っていた矢先に
このアートが出てきたんです。
おもしろ~い。

で、しばらく走るとクランベリーフェスティバルの会場へ到着。
こんな小さな島でもクランベリーを育てているんですね!

e0124011_1272447.jpg

e0124011_1274748.jpg

家族そろって、はじめてみる光景に
わくわくしました。
周りの子供たちがトラックにくみ上げたクランベリーの
おこぼれが飛んでくるのをキャッチしているので
混ざってとりに行き、ちょっとかじってみましたが、
「う~ん、りんごの味がないみたいな…」
あまりおいしい!って感じではありませんでした。

別の場所では生のクランベリー、ジャム、干したクランベリーなどの
販売もしていました。

その後、私たちはもう少し足を伸ばして、
この島に3つある灯台のうちのひとつを見に行きました。

e0124011_12115041.jpg

サンカティ・ヘッド灯台。
この灯台は侵食のために倒れそうになったのを
移動して今の位置に立っています。

久しぶりに灯台を見ました。
とてもこの模様が素朴ですてきに見えます。
こんなもありました。(Wysocki)

さて、ちょっと休憩しに宿へ帰りましょう。
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-20 12:34 | 観光
非常に波は穏やかで
まったくゆれませんでした。

船は1時間もしないうちに島に到着!

かつて世界でも有数の捕鯨港を名乗った街も
次第に捕鯨は衰え
1846年には大火に見舞われ、多くのホームレスと極貧者を生み
その後は島を離れる人がおおかったそうです。
今では観光で成り立っています。

たくさんの観光客や別荘客がフェリーを降りていきます。
港ではたくさんのタクシーや迎えの車が来ています。
私たちも降りてすぐ荷物を受け取り、
そのまま徒歩で宿まで。

e0124011_805026.jpg


ナンタケットは別名「グレイ・レディー」
家の外壁もグレイです。
これは新しいものは木の色ですが
年月を経て、このようなグレイ色になります。

今回お世話になったINN
朝食(コンチネンタルブレックファースト)付きで
犬OKの宿です。

e0124011_732027.jpg


想像よりとてもきれいでした。

荷物を降ろして、さっそく行動開始!

島に来る前にこの島で有名なバスケット、
そう、ナンタケットバスケットの作り手さんとコンタクトをとり
彼は逆にこの週末は島を出てしまうので、
金曜日の午後4時までならお店をやっているから
時間があればどうぞ…とメールをもらっていました。

まず
バスケットミュージアムへ行きました。
でも、閉館まで後5分(^^;)
とりあえず、聞けるだけの事を聞きましたが、
ここの閉館時間も4時。
つまりコンタクトをとったバスケットの作り手さんの
お店に行くのは無理です。
諦めるしかありません。

残念…。

しょうがないので宿に帰ろう…。
その道中、この島のメイン通りなどを
見学していくことに。
犬を連れているので、外からウィンドーショッピングだけですが、
非常に品のいいお店が並んでいます。

e0124011_8134456.jpg

昔のままの石畳。結構ぼこぼこしていますが
なんとも味があっていいものです。

夕食は外で取ることにし、
犬を宿に残して出たところ…どうもさびしくて泣いたようで
(うちのワンはさびしいと遠吠えするんです。)
店を探している時、パパの携帯がなり、
即 宿へ戻ることとなりました。
結局、外では食事できず、テイクアウトのもので
済ませました。

e0124011_8261525.jpg

[PR]
by dolce06830 | 2008-10-17 08:37 | 観光
私たちは3泊4日でナンタケット島で過ごすことにしました。

ナンタケット島は…

マサチューセッツ、ケープ・コッド沖に浮かぶ島です。
お隣の
マーサズ・ヴィニヤード島とともにリゾート地として
知られています。
人口は約9000人。
島全体を国立歴史地区に指定されています。

さて、

私たちは朝8時過ぎに家を出て高速を
ひたすら東へ進みます。
途中両脇を少し紅葉した木々を見ることが
できましたが、まだまだシーズンは
これから…という感じでした。

e0124011_8353814.jpg


どこにも寄らずに島へ渡るフェリーが出る
ハイアニスという町へ直行しました。

町をすこしぶらっとして、お昼にサンドイッチを買い
チェックインしに行きました。

車はここへ置いていきます。
大きな荷物は貨車のようなものに載せてくれるので
自分で持って乗る必要はありませんでした。
初めてだったので、荷物を制限しましたが
こんなことならもうちょっといろいろ持ってきても
良かったな~。

自転車、釣り道具などを持っていく人も多いです。

すごい人、そしてびっくり、たくさんのワンちゃんが
います。
うちも今回は犬連れです。

e0124011_801972.jpg

e0124011_80476.jpg


フェリーはとてもきれいです!
中でちょっとした食べ物と飲み物なども売っています。

e0124011_8243055.jpg

e0124011_8262052.jpg


フェリーは静かに滑り出し、
本土からどんどん離れていきます。
1時間もすれば、島へ到着です。

さて、サンドイッチでも食べましょう!

続きはまた明日…。
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-15 08:30 | 観光

連休を島で過ごす♪

今日は遅いので、
また明日あらためて書きますが
この連休は
ナンタケット島(Nantucket Island, MA)で
すごしてきました。

以前にバスケット講習会に行って
一度は行ってみたいと思っていましたが
今のナンタケットはなんとも私に心地よい島でした。

今の…というのは
シーズンも
観光の人の数も
あと、大きなくくりで言えば
今の時代も…。

e0124011_1342985.jpg


では、旅行の様子はのちほど…。
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-14 13:43 | 観光

習い事の後にみんなでお茶をするのですが、
そのときに出したのが
スフレチーズケーキでした。

e0124011_647183.jpg


ふかふかすぎず、
どっしりしすぎず、
とてもいい感じにあがりました。

想像以上に好評でした。
自宅用も一緒に焼きましたが、
家族にも評判よかったです。

さて、ポケモン?

お友達に頼まれて、
また、お誕生日ケーキです。

この前のお友達はお子さんはもう
キャラクターっていう年齢じゃないので
お上品に仕上げましたが、
今回はまだまだキャラ年齢のお子様なので
勝手にポケモンにしちゃいました。

e0124011_64721100.jpg


がーん!!後姿を撮り忘れた。
実は後ろ向きにしても楽しめるように
シェイミというポケモンを立てたのに…。とほほ
ま、いいか~。

お友達がもし写真を撮っていたら、
もらうことにしよう。

前回のことを教訓にして
最初からケーキの台紙の上に乗せて
レースの紙が汚れないようにと
薄いプラ板を乗せて、その上にケーキを乗せてから
デコレートし始めました。

で、最後、これでプラ板を外すのみ!ってことで
注意して抜いたつもりが
「あっ!」
スポンジが割れて出てきた~!きゃ~!!
きれいに元の位置にはもどせません。
しょうがないので、
入ることこまで入れて、
クリームで修正。

この前のケーキみたいに
きれいにナッペしてあったのに、
今回はしょうがない!
わざとがたがたにしたように
仕上げましたよ。
あ~あ。(T-T)

イチゴの周りの絞りも
「星型にすればよかったかな~」なんて
いまさらのように思ったりしてね。

ま、イチゴが際立っていいでしょうかね。
それにみんなポケモンに目が行って
その辺はあまり気にならないかな?

しかし、いつも私のやることは
どこか抜けているわね。

もっとやっているところとか
写真に撮ってもおみせしたいのですが、
実際にやる人と撮る人が同じっていうのは
時間との戦いの部分もあるので
難しいのです。

カメラマンが欲しい(笑)
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-08 07:00 | ケーキ

だんだん

N●Kさんの朝の連続テレビ小説が
「瞳」 から 「だんだん」 になりましたね。

日本にいるときはほとんど見なかったのですが、
アメリカに来てここで唯一ケーブルで見れるTVは
テレビジャパンです。
ほぼリアルタイムでみれるのは
ニュースとこの連続テレビ小説とあとわずか。
あとは「これいつやったやつ?」というものが
多いです。

さて、さて、今回の
主演は「ふたりっ子」でご存知のマナ・カナさんです。

で、お話の設定でカナさんが舞妓さんの役で、
ちょうど、夏に娘に舞妓さん体験をさせたので
とても興味深く見始めました。

で、まだ2回終わったところですが、
着物姿が出てくるとつい目が行くところが
かんざしです。

舞妓さんはたくさん髪飾りをつけていますよね。
e0124011_50618.jpg

これは子供がせっかく髪を結ってもらうので
そのまま髪をほどかずに
浴衣を着て帰るときに何も飾りがないのは
さびしいと買い求めたものです。

すべて舞妓さんが実際につけているものと
同じものです。

緑のかんざしは玉簪といって
6月~9月は緑、それ以外は赤なんだそうです。

蝶のついた丸い飾りは
鹿の子止という
若い舞妓さんが割れしのぶという髪形を
したときに髷の上をとめるものです。

あとのひとつは前ざし

そして、
e0124011_516449.jpg

銀の糸で巻いた櫛は糸巻き櫛といいます。
これは6~9月までの間に使用し、お座敷でも普段でも使います。
年少の舞妓さんは普段だけつかうようです。
うちもピンクを買いましたが、アメリカには持って帰ってきませんでした。
さすがにこれは使う機会がないかと…(^^;)

テレビでもカナさんがピンクを髪になさっていらっしゃいましたよ。

さすがに花かんざしは買いませんでしたけれども
(お座敷にあがるときのあのお花などのきれいな房のついた)
ああいうきれいなものを作るのも楽しいだろうな~
なんて思いながら見ております。

子供も舞妓体験のおかげでちがう角度で
ドラマをみているように見えます。

さて、今度の連続テレビ小説、面白いかな~?
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-01 05:49 | いろいろ