2度目のNY駐在。お菓子作りとHBでのパン作り、FKを中心としたアンティークを探す様子をお伝えします。


by dolce06830
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:観光( 12 )

初めてのフランス

すっかりご無沙汰してしまいました。

7月の終わりに引越しをしたので、前後は荷造りと荷解き
そして、引越ししてすぐに旅行を入れていたので、
もうPCに向かう暇がほとんどありませんでした。

いまだに家の中はぐちゃぐちゃですが、すこしずつきれいにしていきたいと
思っております。

さて、今年の家族旅行はロンドン・パリで、私にとっては初めてのフランスです。
ロンドンに駐在していたころはまだユーロスターがなくて
フランスには行ったことがなかったのです。

もう、パリの観光に関しては綿密にスケジュールを組んで
ひたすら動いてました。

それでもまったく時間がたりなくて、またぜひ行きたい都市です。

アンティークがすきなので、日曜日のクリニャンクールは絶対にはずせないし
パリの観光はもちろん、
ここもいかなきゃ!

e0124011_633097.jpg


今回はまったくツアーなどは利用せず、TGVとレンタカーで行きましたが
ちょうど行き帰りバスの時間と同じぐらいだったのか
行きも帰りもTGVは日本人がいっぱい。

パリではほとんど遭遇しなかった日本人ですが、
モンサンミッシェルが好き?

パリではお目当てのスーパーになかなか遭遇せず
探していたお菓子に出会うまでにそうとう時間がかかり
もうだめかな~と思っていたら、最後にお目にかかりました。

そうそう、そして、この時期はフランスのお店はお休みが多い。
どこへ行っても「CLOSED」

「が~ん!休み…」と とぼとぼ帰るシーンが何度も。

今度は夏休みじゃないときに行くぞ!

10日間の旅行でしたが、お天気に恵まれ、とてもよかったです。
[PR]
by dolce06830 | 2009-08-22 06:38 | 観光
夏に旅行へ行こうと計画中ですが、

この交通手段にまず飛行機を使います。
パパが出張でためているマイレージをつかって…


ただ!    で行こう!と思っているのですが…

そうは問屋が卸しません。

一度は直行便で取った予約ですが、
なんと行きと帰り空港が違います。
どうしても取れなくて。

ここNY付近には何個かインターナショナル空港がありますが、
一つはとても治安が悪く
全米でも5本の指に入るぐらい治安が悪いんだそうです。

しかも帰ってくるのが夜中に近い。

もうパパさんが断然反対!!

でも、行きと帰りの便がとれなければ、予約は成立しません。
予約を成立させて、発券するまでの猶予期間内に
空席ができないか、毎日のように電話しました。
一旦、旅券をもらった後に日程を変更することはできるけれど、
路線の変更は無理なんです。

だったら…というパパの提案で、

発券前に、それまで取っていた直行便をキャンセルして
違う航空会社で経由で予約しなおしました。

そしたら、税金、サーチャージがなんと3人で20万弱。

この、税金その他はすぐに返事がもらえなくて
便を予約した後にわかったので、
本当に

びっくり!!

20万出すなら、直行便をもう数万だせば自腹で買えます。
わざわざマイルも使って20万払ってじゃあ、もったいないです。

即、キャンセルしちゃいました。

もうこうなったら、いちかばちか!
空いていないかもしれない直行便をもう一度取り直し。
行き帰りともにその治安の悪い方にするしかありません。
前と同じ夜中に戻る便でした。
やっぱりこの便を使う人はいないのね。だから
空いている…。
なんとか昼間の明るいうちに帰ってこれる時間に変更できると
いいのですが。

そんな感じで落ち着いたのですが、


本当に毎日のように航空会社に電話して
私はモンスターペアレントならぬモンスターカスタマーです。

自分でも電話するのがいやになります。

e0124011_12214318.jpg


そんなときはお花を見て、心を癒しましょう。

このお花は私があまり手入れもしないのに
1年を通してずっと繰り返し咲いてくれます。
本当に強いお花です。

もうすこし春になったら一回り大きな鉢に
植え替えてあげたいです。
[PR]
by dolce06830 | 2009-03-02 12:31 | 観光
いったん宿に戻り、ベッドに横になっちゃうと
お昼寝しちゃうので、
私は昨日5分しか話ができなかった
バスケットミュージアムへ一人で
また行きました。
3時過ぎだったのですが、
なぜかガラン…とした雰囲気。

小さい小さいミュージアムなので、
ゆっくり見ても1時間でいいと思ったので
閉館一時間前にきたのですが、
そう、今日は今年最後の営業日で
ショーケースからどんどんバスケットを片付けています。
すこし戸惑いましたが、
「見ていってください…」と言われたので、
ぐるっと一通りして、
お土産を買って出ました。

すると、宿で一休みしたパパから
電話が入り、途中で拾ってもらい
夕日を見に行くことにしました。

地図の向かって右にあるAの文字は宿のあたり。

e0124011_2161421.jpg


まずはAのポイント
Madaket Beach(マダケットビーチ)
だいぶ潮も満ちてきているのですが、
ここはぺブルビーチなのでしょう。
きれいな小石がたくさんあります。
クロちゃんは他のワンちゃんたちとあそび
お嬢さんは小石を拾っています。

e0124011_9304558.jpg
e0124011_931986.jpg


e0124011_2194157.jpg

気持ちがいいね~♪
e0124011_2201975.jpg

だいぶ太陽が地平線に近づいてきました。

もうちょっと西に移動しようと
今度はBのポイント
Eel Point(イールポイント)へ。

こちらは貝殻やカブトガニの死骸が多く見られました。
(カブトガニは甲殻類ではないらしい)
e0124011_2232677.jpg

夕日がきれい。
e0124011_2242325.jpg

先に来ていた人は釣りを楽しんでいるようで、
車の前に釣竿が何本も…
(写真でわかるかな?)

本当は日没までいたい気分だったのですが、
実はここのポイントちゃんとした舗装道路がありません。
砂のなかを走ってくるんですよ。途中ちょっと不安になるような
ところもあったりして、
四駆のもっとすごい車なら心配ないのでしょうけれど、
一応四駆…というぐらいの車だと
もしも万が一はまってしまったら怖いので
お日様がまだあるうちにその場を離れました。

このあたりは大きな別荘のお宅が立ち並んでいて
「すごいな~」ってキョロキョロしてばかりでした。

夜は街からすこしはなれたところへシーフードを食べに行きました。

いつもよりもたくさん歩くので
すごく疲れました。

明日は…、何をするんだろ?
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-24 02:38 | 観光
朝食は8時からなので、
7時に起きて、ワンと1時間ほどお散歩することに。

まだ人がいないメイン通りや港をゆっくり見て回りましょう。
港では朝日がきれいに見えました。

e0124011_1150354.jpg


海から向きを変えて
街の方をみると

e0124011_11505565.jpg


なんだかこの光景…
「どこかでみたことがあるような?」と思うと
そうそう、
Charles Wysockiという人の描く風景そのもの。
アメリカに駐在したことがある人なら
1度は見たことがあるのでは?
こんな感じ。
今日もいいお天気です!

ゆっくりとお散歩を楽しみ宿へ帰り
朝食をとって…さて、今日の予定は…。
今日は船に乗ってアシカ?アザラシ?を見に行く予定でしたが、
最低人数が集まらなくて、キャンセルとなりました。

じゃあ、どうしましょう?
結局、犬を置いて宿を離れることができないので
レンタカーを借りることに。

えっ?そう、自分の車を持ってくればよかったと思うでしょ?
でも、短期ならば、フェリーに車を乗せるより
レンタカーの方が安いということがわかりました。

これで、怖いものなしっ!(笑)
地元新聞をみると、今日はクランベリーフェスティバルがあるようです。
子供がすごく興味を示しましたので、
Let’s go!!

途中、不思議な景色に遭遇。
e0124011_1231187.jpg

ベージュの物体…、目を凝らしてみると
ライオンです!! これ以外にもサイも見ましたよ!
ここってどこ?
(笑)
これはアートなんですけど、
景色がサバンナっぽいな~と思っていた矢先に
このアートが出てきたんです。
おもしろ~い。

で、しばらく走るとクランベリーフェスティバルの会場へ到着。
こんな小さな島でもクランベリーを育てているんですね!

e0124011_1272447.jpg

e0124011_1274748.jpg

家族そろって、はじめてみる光景に
わくわくしました。
周りの子供たちがトラックにくみ上げたクランベリーの
おこぼれが飛んでくるのをキャッチしているので
混ざってとりに行き、ちょっとかじってみましたが、
「う~ん、りんごの味がないみたいな…」
あまりおいしい!って感じではありませんでした。

別の場所では生のクランベリー、ジャム、干したクランベリーなどの
販売もしていました。

その後、私たちはもう少し足を伸ばして、
この島に3つある灯台のうちのひとつを見に行きました。

e0124011_12115041.jpg

サンカティ・ヘッド灯台。
この灯台は侵食のために倒れそうになったのを
移動して今の位置に立っています。

久しぶりに灯台を見ました。
とてもこの模様が素朴ですてきに見えます。
こんなもありました。(Wysocki)

さて、ちょっと休憩しに宿へ帰りましょう。
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-20 12:34 | 観光
非常に波は穏やかで
まったくゆれませんでした。

船は1時間もしないうちに島に到着!

かつて世界でも有数の捕鯨港を名乗った街も
次第に捕鯨は衰え
1846年には大火に見舞われ、多くのホームレスと極貧者を生み
その後は島を離れる人がおおかったそうです。
今では観光で成り立っています。

たくさんの観光客や別荘客がフェリーを降りていきます。
港ではたくさんのタクシーや迎えの車が来ています。
私たちも降りてすぐ荷物を受け取り、
そのまま徒歩で宿まで。

e0124011_805026.jpg


ナンタケットは別名「グレイ・レディー」
家の外壁もグレイです。
これは新しいものは木の色ですが
年月を経て、このようなグレイ色になります。

今回お世話になったINN
朝食(コンチネンタルブレックファースト)付きで
犬OKの宿です。

e0124011_732027.jpg


想像よりとてもきれいでした。

荷物を降ろして、さっそく行動開始!

島に来る前にこの島で有名なバスケット、
そう、ナンタケットバスケットの作り手さんとコンタクトをとり
彼は逆にこの週末は島を出てしまうので、
金曜日の午後4時までならお店をやっているから
時間があればどうぞ…とメールをもらっていました。

まず
バスケットミュージアムへ行きました。
でも、閉館まで後5分(^^;)
とりあえず、聞けるだけの事を聞きましたが、
ここの閉館時間も4時。
つまりコンタクトをとったバスケットの作り手さんの
お店に行くのは無理です。
諦めるしかありません。

残念…。

しょうがないので宿に帰ろう…。
その道中、この島のメイン通りなどを
見学していくことに。
犬を連れているので、外からウィンドーショッピングだけですが、
非常に品のいいお店が並んでいます。

e0124011_8134456.jpg

昔のままの石畳。結構ぼこぼこしていますが
なんとも味があっていいものです。

夕食は外で取ることにし、
犬を宿に残して出たところ…どうもさびしくて泣いたようで
(うちのワンはさびしいと遠吠えするんです。)
店を探している時、パパの携帯がなり、
即 宿へ戻ることとなりました。
結局、外では食事できず、テイクアウトのもので
済ませました。

e0124011_8261525.jpg

[PR]
by dolce06830 | 2008-10-17 08:37 | 観光
私たちは3泊4日でナンタケット島で過ごすことにしました。

ナンタケット島は…

マサチューセッツ、ケープ・コッド沖に浮かぶ島です。
お隣の
マーサズ・ヴィニヤード島とともにリゾート地として
知られています。
人口は約9000人。
島全体を国立歴史地区に指定されています。

さて、

私たちは朝8時過ぎに家を出て高速を
ひたすら東へ進みます。
途中両脇を少し紅葉した木々を見ることが
できましたが、まだまだシーズンは
これから…という感じでした。

e0124011_8353814.jpg


どこにも寄らずに島へ渡るフェリーが出る
ハイアニスという町へ直行しました。

町をすこしぶらっとして、お昼にサンドイッチを買い
チェックインしに行きました。

車はここへ置いていきます。
大きな荷物は貨車のようなものに載せてくれるので
自分で持って乗る必要はありませんでした。
初めてだったので、荷物を制限しましたが
こんなことならもうちょっといろいろ持ってきても
良かったな~。

自転車、釣り道具などを持っていく人も多いです。

すごい人、そしてびっくり、たくさんのワンちゃんが
います。
うちも今回は犬連れです。

e0124011_801972.jpg

e0124011_80476.jpg


フェリーはとてもきれいです!
中でちょっとした食べ物と飲み物なども売っています。

e0124011_8243055.jpg

e0124011_8262052.jpg


フェリーは静かに滑り出し、
本土からどんどん離れていきます。
1時間もすれば、島へ到着です。

さて、サンドイッチでも食べましょう!

続きはまた明日…。
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-15 08:30 | 観光

連休を島で過ごす♪

今日は遅いので、
また明日あらためて書きますが
この連休は
ナンタケット島(Nantucket Island, MA)で
すごしてきました。

以前にバスケット講習会に行って
一度は行ってみたいと思っていましたが
今のナンタケットはなんとも私に心地よい島でした。

今の…というのは
シーズンも
観光の人の数も
あと、大きなくくりで言えば
今の時代も…。

e0124011_1342985.jpg


では、旅行の様子はのちほど…。
[PR]
by dolce06830 | 2008-10-14 13:43 | 観光

おいでやす~。

日本に一時帰国する前から計画していました。

どうしてもやってみたかったの~。
本人もいいっていうからさ。

でも、当日は
前日の義母の法事の疲れもあったり
私たち家族だけで行く予定だった
京都へのお墓参りに
弟家族が同行することになったりで
本人もいつもと違いかなり調子がくるったみたいで
朝からテンションひく~~。

やっぱり子供は子供同士で遊びたいじゃない!
「なんで、私だけ???」みたいな。

そして、すごい暑い日!

京都にある親戚のお墓は山の上。
そこまで階段なんですよ。

「う~~ん…。」
きついな~。
汗だくです。滝のように汗が流れます。

これで、もう一日分体力使い果たした感じ。

で、計画した「舞妓変身」の時間…
様子がローテンションだったので、
なんどか
「やめてもいいんだよ!」っていいましたが…。

でもがんばったんです。

e0124011_2565936.jpg


髪も地毛で結ってもらったんです。
それがすごい時間がかかって、
これが結構彼女の体力と精神力を消耗しました。

さいご、着物は本当の舞妓さんを着付けしている男衆さんがしてくださって
15分ぐらいであっという間に舞妓さんになりました。

写真をとって、本当なら少し外に出て散策もできるのですが、
暑くて、それはちょっと無理。
(精神的にも限界で、涙がでちゃってました。)

ささっと写真を撮ってもらい、すぐに着物を脱ぎました。
せっかく地毛で結ったので、浴衣に着替えて、
髪飾りも別のものを用意してもらい、
(糸巻きの櫛、鹿の子止と緑の珠のかんざしともう一本お花?のさすかんざし)
帰りました。

e0124011_3133533.jpg


でも、その後、親戚の家について、すぐにお風呂に入ったのは
言うまでもありません。(^^;)

その後日、テレビで井上真央ちゃんが主演
「花いくさ」の放映があって面白かった。
(舞妓さんのお話です。)

そして、29日には「舞妓haaaan!!!」という映画がテレビであるようです。
(テレビは日本でってことね!)

さすがに、この年になると私が!っていうのもね~。

私は成人式のとき、親元から離れていて、成人式にわざわざ
帰省もしなかったので、振袖もつくって
もらいませんでした。

で、今、思うのは
「やっぱりそういう節々に
しておけるものはやっておくべきだな~…。」って。

で、今回、普通なら舞妓さんは中学を卒業して
置屋で修行を始める方が多いので
実際にはもう少し年齢が上なのですが、
こんなことあまりあるチャンスじゃないと思って
(というかこの年齢で)
やっていただきました。

子供はちょっと大変すぎてやだったかもしれないけれど
いい思い出ができました。

舞妓変身のお店はたくさんありますが、
いろいろわがまま言って
ご迷惑もかけたのですが、
大変良くして頂いて、本当に感謝しております。

もし、チャンスがあれば是非!
舞妓着付け屋
花風」さんです。
[PR]
by dolce06830 | 2008-08-22 03:33 | 観光

今日は何の日?

日本から帰ってきて
甥っ子たちを向かえ…
もう明日帰るという日…、さて、何をしよう?

といっても、ほとんどNYの観光もしていないし
夏の飛行機がもっとも高いハイシーズンに来ているのに
「これだけ?」と思うようなことしかこなせていないのだけれど、
最後の悪あがきで、
なんとか子供たちを説得して(食べ物で釣る!)
マンハッタンへ。

計画では
マンハッタンへ行く→食事をする→
すぐ裏の有名なアイスクリーム屋さんでアイスを食べて→
ブルックリンブリッジを渡って→
また、アイス!

〆はピータールーガーのステーキのはずだったが
予約でいっぱいで
ベンジャミンにすることにした。

計画通り、マンハッタンに出て、
食事をして…
けど、時間が遅いので、
たくさん食べちゃいけない…
そうじゃなきゃ、ステーキが入らなくなる!!ということで、
食事も軽く済ませ、アイスもパス。

運動をしたら、少しはいいだろう??とアイスは橋の向こうで
予定通り…ということで、橋をめざします。

さて、ブルックリンブリッジはすごい人!
なんで??
ま、夏の観光シーズンですものね。

なーんて、のんきな感じだったのですが、
橋を渡り終えたら、
e0124011_6595930.jpg


花嫁花婿さんのたくさんいること、いること。
その一組をパチリ!!
景色がいいところで記念写真…。さすがマンハッタンだわ!

アイスをしっかり食べて…
景色を眺めていると、雲行きが怪しくなり、雨が降ってきました!!
かわいそう、花嫁さん。

で、私たちも橋を渡らず、地下鉄でマンハッタンに戻ると、
雨はやんでいました。
ブロードウェイでもまたもや花嫁さんを発見。

いや~今日は金曜日なのに結婚する人が多いのね~。

そんな光景を横目にステーキハウスへ向かうのでした。
ステーキはとてもおいしかったですよ!
甥っ子は8切れも食べました。(@@)
甥っ子、小学校6年生です。

そんな甥っ子も無事に日本へ帰り、
日曜日…、こちらで発行されているフリーペーパーを見たら…。

「8・8・8」

そう、橋を渡った日は2008年8月8日。

この日を待って、結婚式をあげた人がいーーーっぱいいた日だったのです。
納得。

末広がりの八が三つもそろう日だもの。
それは縁起がいいわよね~。

お幸せに~。
[PR]
by dolce06830 | 2008-08-16 07:11 | 観光

イルミネーション

12月の24日にブルックリンの下のほうまでイルミネーションを
見に行きました。
e0124011_3554466.jpg


このお宅は家の前にサンタさんとその奥さん?が二人で立っていて
ちいさな子どもには杖の形の入れ物に入ったチョコを配っていました。

すごいど派手なイルミネーションのお宅が連なっていて、
ここはかなり有名な場所らしく、
渋滞もできていたし、人も結構いました。

それにニュースの中継も来てましたよ。

結構寒くて、一通り見てさっさと引き上げちゃったけど、
ちょっと離れたところにもデコレーションがきれいなおうちもあって
じっくり見ればこれまた楽しいところです。

ただ、私の家から行くにはちょっと遠い。
でも、一見の価値ありかな。

地球温暖化の深刻な中、こんなに電気を使っていいのだろうか?と思いながら
こんなこともそう長くやっていられなくなるのかも?といろいろなことを
考えてしまうのでした。

石原都知事もこのままでは
「地球は滅びる」と断言していますが、本当に事態は深刻のようで
最近はその手の番組も多いですね。

個人のレベルでいったい何ができるのか本当に悩んでしまいますが、
私はいまさら防犯上厳しいのかも知れないけど、
夜中の必要のないネオンや高速の電灯など消せばいいのに!って思いますけど。
それって、たいしたことじゃないの?
だってね~、衛星からみてはっきりわかるぐらいつけているのってやっぱり
変じゃないのかしら?

このままでは私たちの子どもの時代にはもう…。

なんだか、話題がそれました。
[PR]
by dolce06830 | 2008-01-05 04:05 | 観光